北区北赤羽にあるフリースクール×子ども食堂です。不登校や学校になじめない子どもが「基礎学習」「プログラミング」「お仕事探究学習」「心の学習」「好きなテーマ」を学び、個性を伸ばして社会で働く大人になります。不登校や子育てに悩むお母さんのための応援カフェも行っております。

フリースクール×子ども食堂「なんでもいいよ」

子ども食堂3

更新日:

前回の続きで子ども食堂の
良い点についてお伝えします!

アットホームな雰囲気で誰かと食事ができる

近年は共働きの家庭が、
貧困層に限らず一般的になってきました。
そのため、
学校から帰ってきた子どもたちが
家でご飯を1人きりで食べる
「孤食」も多くなっています。
こども食堂は、
温かい食事を提供するだけでなく、
地域住民の目が届く所で
安全にご飯を食べることができます。
また、たくさんの人々が集まる
場所であることから、
アットホームな雰囲気の中で
食事をとることで、
その時間を楽しみながら過ごすことができます。
子どもが突然倒れたり、
怪我をしたり病気になるなど
異変があった時に、
親がそばにいないと早急な対応ができません。
子ども食堂にいる時であれば、
大人の目があり適切な対応ができます。
そのような意味でも、
誰かの目が届く場所で
食事を取れる環境は、
両親にとって安心だと言えるでしょう。

子ども同士、親同士のコミュニケーションが取れる

両親が共働きの家庭であると、
親同士のコミュニケーションも
疎遠になる傾向があります。
こども食堂は、
子どもたちがクラスや学年を
超えたコミュニケーションを楽しめたり、
子育ての相談ができる親同士の
コミュニティも生まれます。
こども食堂で生まれた
コミュニケーションから、
「少しの時間だけ子どもを見ていて欲しい」
などのお願いなどができる
ネットワークもできるかもしれません。
子どもだけでなく
子どもを育てる親たちにとっても、
食事をしながらコミュニケーションを
取れる場所としても定着しています。

続きは次回お伝えします!
次回はアレルギーについてお伝えしようと思います。

他にも不登校やお子さんのことでお話したいことが
ある方は、東京都北区北赤羽にある
フリースクール×子ども食堂
なんでもいいよ までご連絡下さい!!

問い合わせフォーム

-未分類
-

Copyright© フリースクール×子ども食堂「なんでもいいよ」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.