北区北赤羽にあるフリースクール×子ども食堂です。不登校や学校になじめない子どもが「基礎学習」「プログラミング」「お仕事探究学習」「心の学習」「好きなテーマ」を学び、個性を伸ばして社会で働く大人になります。不登校や子育てに悩むお母さんのための応援カフェも行っております。

フリースクール×子ども食堂「なんでもいいよ」

良好な人間関係を築く習慣4

更新日:

前回の続きで人間関係を築く習慣についてお伝えします

6.尊敬する

関係を良くするためには、
相手が誰であったとしても、
自分と意見が合わなかったとしても、
バカにしたり、見下したりするのではなく、
大切なひとりの人として尊敬することが大切です。
年齢や知識、技術や能力、
地位といったものに関わらず、
その相手に対して敬意を払いましょう。
私たちは、尊敬している相手を、
コントロールして変えようと
することはありません。

自分の存在や選択が尊重されるようになると、
自立が促され、
自ら責任をとる行動へと
進んで行くことが容易になります。

7.違いを交渉する(歩み寄る)

当然こうするべきだ!
と思ってしまうのは、
自分の方が正しいと考えているからです。
選択理論的に物事を見る人は、
お互いが違うということを
当然だと受け止めます。
だからこそお互いの違いを確認し、
違いについていつでも
それを話し合い調整する気持ちが
あることを相手に伝えます。
勝つか負けるかの精神で
それぞれ思いをぶつけ合うのではなく、
感じていること
考えていること
願っていること
を、お互いに分かち合いながら、
より良い選択を探していくことが大切になります。
嫌な雰囲気を出すことで
相手にわからせようとしたり、
褒美で釣ろうとしたりすることなく、
自ら主導権を取って相手と
コミュニケーションをとり、
お互いにとって良い道筋を探していきます。
そのためには柔軟性のある態度が必要になりますね。

出典は
『選択理論』著者 ウィリアムグラッサー
発行2000年4月1日
です!

以上で終わりです。
次回からはこの記事の出典元になっている
選択理論心理学についてお伝えします。
他にも不登校なのでお子さんのことで
お話したいことがある方は
東京都北区北赤羽にある
フリースクール×子ども食堂
なんでもいいよ まで
ご連絡下さい!

問い合わせフォーム

-未分類
-

Copyright© フリースクール×子ども食堂「なんでもいいよ」 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.